行政書士北山孝次事務所/TOP→Q&A サイトマップ
行政書士北山孝次事務所/トップページ 行政書士北山孝次事務所/事務所案内 行政書士北山孝次事務所/業務の流れ 行政書士北山孝次事務所/費用について 行政書士北山孝次事務所/費用について 行政書士北山孝次事務所/ご依頼・ご相談
建設業許可
行政書士北山孝次事務所/建設業許可(新規・更新・変更)
行政書士北山孝次事務所/経営事項審査(経審)
行政書士北山孝次事務所/入札参加資格審査(指名願)
産廃、宅建、運送業、法人設立他
行政書士北山孝次事務所/産業廃棄物収集運搬業関係
行政書士北山孝次事務所/宅地建物取引業関係
行政書士北山孝次事務所/自動車運送事業関連
行政書士北山孝次事務所/その他の取扱業務
行政書士北山孝次事務所/予備

行政書士北山孝次事務所/Q&A
:2 主任技術者とは、どのような技術者ですか?
Ans:2

建設業法においては、建設業の許可を受けた者が建設工事を施工する場合には、元請・下請、請負金額に係わらず、工事現場における工事施工の技術上の管理をつかさどるものとして、主任技術者を配置しなければなりません。
<解説>
工事現場に配置すべき技術者(主任技術者)建設業者は、その請け負った建設工事を施工するときは、当該建設工事に関し建設業法第7条第2号イ、ロ又はハに該当する者(一般建設業の許可基準を満たす技術者)で当該工事現場における建設工事の施工の技術上の管理をつかさどるものを置かなければならないことになっています。

主任技術者を置かなければならない建設業者は、監理技術者を置かなければならないとされている特定建設業者(発注者から直接建設工事を請け負った者で3000万円以上(建築一式工事にあっては4500万円以上)の工事を下請施工させるものに限る)を除くすべての建設業者である。

主任技術者になり得る技術要件
(一般建設業の許可基準を満たす技術者と同じ)
@ 許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関して、一定期間以上の実務経験を有する者(法第7条第2号イ)
・ 大学又は高等専門学校の指定学科を卒業した後3年以上の実務経験を有する者
・高等学校又は中等教育学校の指定学科を卒業した後5年以上の実務経験を有する者  (法第7条第2号ロ)
・ 10年以上の実務経験を有するもの 

A 一定の国家資格等を有する者  (法第7条第2号ハ)

・ 国土交通大臣がイ又はロに掲げる者と同等以上の知識及び技術又は技能を有するものと認定した者(二級建築士や二級土木施工管理技士、第一種電気工事士、造園技能士など)

Q&Aに戻る
行政書士北山孝次事務所 〒577-0821 大阪府東大阪市吉松2丁目11番33号 
TEL:06-6721-1906/FAX:06-6727-1519/MAIL:kitayama-hp-@hct.zaq.ne.jp

トップページ 事務所案内 業務の流れ 費用について Q&A ご依頼ご相談
建設業許可 経審 指名願 産廃 宅建 運送業 関連業務
リンク:大阪 リンク:京都 リンク:奈良 リンク:兵庫 リンク:滋賀 リンク:和歌山 リンク:ほか
サイトマップ 新着情報 お知らせ